【ダーツ】バレルのお手入れや洗浄!自宅で簡単にする方法

ダーツを投げ込んでいるとだんだんとクスみや脂汚れなどついてきます。

最悪そのままほおっておくと酸化したりしてサビてくることも多いのでお手入れや洗浄が必須になってきます!

今回はそんなバレルのお手入れや洗浄方法について紹介していきます。

バレルを洗浄・お手入れする必要性

バレルはタングステンやブラスの関係上金属なのでさびやすく酸化しやすい特性があります。

しかも指の皮脂や水分がつくことで、グリップ感がかわり、最終的には重さまでかわってきます!

実際自分でもダーツを投げていて使っているとクスみや皮脂の酸化したニオイなど、気になることも多くなってきます、そのためこまめに手入れすることが必須です。

バレルのお手入れ・洗浄方法

お手入れ自体は家にあるもので簡単に洗浄やお手入れができます。

毎回投げた後にクロスやフキンなどで洗浄するのも簡単ですが、キチンときれいにおとしたいのであればオススメな3つの洗浄方法を紹介

・中性洗剤

・超音波式洗浄機

・除菌シート

中性洗剤を使ったお手入れ方法

自宅にあって一番簡単な方法になります。中性洗剤なので安全性も高く金属を気にせずに洗えるので安心です。

中性洗剤で洗う場合にはまず

・ぬるま湯につけて数分おく

・目の細かいスポンジで優しく洗う

・カットの細かい部分に関しては歯ブラシなどで洗浄

・最後に乾いたフキンで水分をとる

お金かけなくても、簡単にキレイにしたい方におすすめです。

超音波式洗浄機を使ったお手入れ方法

よくメガネや時計などの金属製のものを洗浄するさいによくもちいられています、ダーツのバレルも超音波式洗浄機を使ってお手入れすることができます。

なんといっても、汚れをとるのが簡単なのが最大のメリットで

・洗浄機に水を入れる

・スイッチを押す

・洗浄後にフキンで水分をふきとる

これだけでキレイになるので、簡単にキレイにしたい方にオススメです。

除菌シートでのお手入れ方法

簡単最低限のお手入れ方法にはなりますが、やった方が格段にいいです。

また、除菌にもなるので、清潔に保つという意味ではオススメです。

・除菌シートでふく

・乾いたフキンなどで水分をふきとる

毎日の手入れという意味では良いので、出来るならしたほうがいいです!

実際にダーツのバレルを洗浄してみた

1日2時間ほどダーツを投げ込んでいると、1週間ほどでバレルが汚れてきていたので、実際にキレイにお手入れ・洗浄してみました。

もちろん一番簡単でみんなが出来そうな台所用洗剤によるお手入れ・洗浄です。

①まず、チップ・フライト・シャフトをとりはずす

②ダーツのバレルを熱すぎないお湯に3分つけて汚れをうかす

③スポンジ・JOY(台所用洗剤)を用意する

④バレルをJOYをつけたスポンジで軽くこすって汚れをとる

⑤細かい場所は捨てるような歯ブラシでこする

⑥洗い流したあと、フキンで水分をふきとる

実際には10分もかからない作業だったので、かなり簡単なお手入れ方法です。

なにより、すぐにできるのと材料をわざわざ買わなくても家にあるもので出来るってのが心強いですね!

仕上がり

本当にカンタンにお手入れしただけなのに、洗浄前と洗浄後では見違えるほどキレイになりました!

それほど皮脂がついてたり、酸化してたのがわかるほどに、、

そして何より変わったと思うのが、グリップ&カットの手触りが格段に違うのがわかった点です。

コンディションを整えるためにも、ちゃんと道具は手入れしたほうがいいなと感じました。

まとめ

今回はダーツの洗浄方法について書きました

洗ってみたらお手入れ・洗浄がいかに大事かは感じると思います。

僕自身10年前に買って放置していたダーツのバレルもあるのですが、見事にサビ・カビが生えてしまっていたので、申し訳ないという気持ちで洗浄したこともあります。

そうならないためにもちゃんとダーツをキレイにしていきましょう