初心者におすすめのダーツボード紹介

こんにちわタマです!

ダーツを漫画喫茶やダーツバーでやりはじめて、ちょっとづつはまってくると自宅でも投げたくなる時がすぐにきます
今回はダーツボードに関して紹介していきます。

ダーツボードを買う事をオススメする理由

初心者さんにダーツボードを買う事をおすすめすると

『初心者でいきなりダーツボード?』
『初心者が買ってもいいんですか?』

と言われたこともありますが、結論として

『上手くなりたいなら買うべき、むしろ必須です』

ダーツは毎回安定して同じ感じで投げる事が大事になってくるので、投げるのに日が空くと

元の感覚やフォームが崩れてしまうのでなかなか上手くなりません!

だから初心者にこそ自宅用ダーツボードは必要になります!

ダーツボードの種類

自宅用のダーツは大きく2種類あります

・ソフトダーツボード

・ハードダーツボード

ソフトダーツボードは一般的に広まっているダーツで日本では一番主流のダーツになっています!

ダーツボードを買う際には上級者でない限りはソフトダーツボード一択で大丈夫です。

ソフトダーツボード

大きさ:15,5インチ

一般的によく見るダーツで、ラウンドワン・漫画喫茶・遊戯施設などにあるのがこのタイプです。

 

ハードダーツボード

大きさ:13,2インチ

なんといっても素材が麻でできているため静音性が高いです、海外が主流で人気です。

 

ダーツボードを選ぶ際の大事なポイント

自宅用のダーツボードを選ぶ際にはいくつか気を付けないといけないポイントがあります!

・大きさ=サイズ

自宅用のダーツにも15,5インチだけでなく、13,2インチのものも売られているので注意です!出来る限り15,5インチの標準サイズを選ぶことをおすすめします。

・静音性

自宅でダーツをする際気を付けないといけないのが騒音、マンションなどでダーツを投げる際には静音性の高いダーツボードを選ぶ必要があります!

・電子orアナログ

電子ダーツボードは自動計算やゲームなども楽しめますが、練習で投げ込みたい方ならアナログでも十分だとおもいます。

初心者ソフトダーツボードのおすすめ3選

ではソフトダーツボードの発表です!
・大きさ
・静音性
・値段
を加味した初心者が買いやすいダーツボードを紹介

1位:ダーツライブ ZEROボード

 
タイプ ソフトボード
サイズ 直径46.0cm×厚さ3.7cm
プレイングエリア 15.5インチ
重量 2.0kg
素材 プラスチック
ブランド ダーツライブ

DARTSLIVEシリーズと同じ15.5インチの標準サイズ
ダーツがはずれた際に壁などを保護するサラウンドも付属

ダーツ初心者はもちろんのこと本格的に投げたい人にも絶対おすすめ

おすすめポイント

・手軽で静音性が抜群の人気商品

・DARTSLIVEの実機とほぼ同じ仕様

 

2位:グランボード ダッシュ

 
タイプ ソフトボード
サイズ H550mm×W500mm×D30mm
プレイングエリア 15.5インチ
重量 1.8kg
素材 プラスチック
ブランド グランダーツ

GRAN BOARD2のリーズナブルなバージョン
なんと1万円以下で買える電子ダーツボードになっています、Bluetooth4.0でスマートフォンやタブレットに接続して楽しめます。

2人以上で自宅などで対戦したい場合にはおすすめです!

おすすめポイント

・アプリで本格的なダーツゲームが自宅で楽しめる

・オンライン対戦も実装、海外の人とも対戦できる

 

3位:ダーツライブ200s

 

サイズ W570.6mm×H530mm×D41.5mm
プレイングエリア 約15.5インチ
重量 約3.68kg
素材 プラスチック
ブランド ダーツライブ

あの業務用DARTSLIVE2と同サイズの盤面で、しかも慣れ親しんだ演出までそのまま
自宅で業務用のDARTSLIVE2と同じプレイが出来る!

なんといっても安心の静音性や安定のティップの刺さりやすさは見事

おすすめポイント

・レーティング計算機能があるので自分のレベルがわかる

・従来のゲームに加えてここでしか楽しめないゲームも満載

 

まとめ

今回は初心者におすすめのダーツボードを紹介しました!

実際に自分でもダーツボードを購入して毎日投げる事でレーティングがあがり、ブルに入る確率も格段に上がりました。

初心者の頃にダーツボードをもっていなかったのでレベルアップにはかなり時間がかかったので、もし初心者でダーツが上手くなりたいなら、ダーツボード購入をおすすめします!